MESSAGE // COMPANY PROFILE 代表挨拶「BROWNSTONE(ブラウンストーン)」イメージ

不動産イノベーションを実現し、日本を真に豊かにする



森田 夏光  戦後、高度経済成長の波に乗り約40年間、我が国は世界の中で揺るぎのない経済大国として先頭を走ってきました。しかし時は過ぎ、近年になり日本は斜陽を迎えつつあると言われています。驚くべき事に、今や一人当たりのGDPは世界でも30位付近まで落ちています。人々は希望を失い、漠然とした将来の不安を抱えています。盛者必衰の理の通り、栄光の日々は過去のものとなりました。現在、世界はITの普及とAIの進化により猛スピードで変化し続けています。そのような中、次の時代を見据えた新たな国家繁栄のビジョンを示すことは極めて切実な課題です。


ロンドン、パリ、ニューヨーク・・・私は欧米諸国の都市風景を目の当たりにした時の感動と驚きを忘れる事はできません。各々の街並みは歴史を感じる重厚な建築に彩られ、時代を超越した美しさを湛えていました。建物のデザインに統一性があり、魅力に満ちた文化を感じました。私は確信しました。これらの街並みはこれから幾年の月日が経とうとも、その価値が失われる事は無いであろうと。


一方、日本の街並みに目を向けると、建物は総じて統一感に欠け無機質に感じられます。やはり2、30年で取り壊しと再建築を繰り返すスクラップ&ビルドの開発思想では、文化的・歴史的価値が醸成されるべくもないのです。戦後、グランドデザイン無きこの浅慮な開発思想は我が国の世界に誇るべき文化を破壊し、本質的価値の喪失へと向かわせたと言えるのではないでしょうか。「企業の儲けを追求した開発」と「真に国が繁栄するための開発」の違い。どちらの都市開発が私たちを豊かにするのか?議論の余地は無いでしょう。


これから先の未来、モノの価値の方向性は、AIや機械が造り手を担うであろう「機能的価値」と、人間にしか創る事の出来ない「情緒的価値」に大きく分岐していくと考えます。近年、世界的にあらゆる「アンティーク」「ヴィンテージ」「アート」関連のプロダクトが驚嘆すべき金額で取引され、その勢いは留まるところを知りません。そして今、不動産マーケットにおいても全く同じ事が起こっているのです。これらのプロダクトは最新のモノと比較して、機能的には遥かに及びません。何故、築100年を過ぎたコンドミニアムに何十億と言うプライスがつくのか?確実に言えるのは、人の手によって創られた、唯一無二の普遍的な情緒的価値(エモーショナルバリュー)を認められたものには、より一層の評価が与えられていく事は間違いないという事です。


MORIOは確信しています。一見、時代の流れに逆らう様ですが、デジタルよりもアナログ、効率よりもこだわり、人間的な感性を極限まで研ぎ澄ますことによって生み出される価値の追求こそが、私たちに本質的かつ永続的な豊かさをもたらす真の資産を創り出すのです。我が国には本来、世界に誇るべき素晴らしいクラフトマンシップや文化があります。これからの時代、ニセモノではない「本物」を追求すべきです。時間と共に価値が増していくものを創るべきです。そしてそれこそが、日本が世界に誇る国として再興するために、我々不動産デベロッパーが果たすべき責務に他ならないのです。


我が国には不動産イノベーションが求められています。私たちが暮らす街は、経済活動だけではなく人生を彩る舞台であり、ひいては国家のあらゆる価値を創出する全ての土台です。日本の街並みが、世界中から羨まれる様な美しくエモーショナルな都市風景に変貌した時、それは未来永劫の繁栄へと導く器(うつわ)となり、私たちにあらゆる面で真の豊かさをもたらしていく事でしょう。


私どもが進む道はこれからも不変です。MORIOはオンリーワンな究極の価値の創造を目指します。そして必ず不動産イノベーションを成し遂げ、我が国が持つ本来の潜在的価値を引き出します。MORIOは真に豊かな日本を創る新世代のパイオニアとなるべく、これからも果敢に挑戦し続けます。


CEO 森田 夏光

森田 夏光